相続税に関する不動産の評価を低くしたい場合

誰もが相続税に関することで家族には迷惑をかけたくないと感じるはずです。
それこそが親心で、亡くなってまで迷惑をかけたくないと思ってしまいます。
財産がたくさんある人は生前に相続税対策を行うことで、相続税の節税を行うことが出来ますよ。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

【相続税について】土地は共有名義にしないほうがいい?

相続財産となる土地や建物は、誰が相続するのかを決める際にトラブルになることが多く、亡くなった人に子供が数人いる場合は共有名義として相続するケースもあります。
しかし、共有名義にしてしまうと相続税の問題でトラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。
土地や建物を共有財産とすることでどんな問題が発生するかを見ていきましょう。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

土地の相続税を節税できる特例とは?

土地にかかる相続税って高いと思っていませんか。
しかし、土地に関する相続税の問題では、特例として小規模宅地等という制度で税金が安くなることもあります。
その制度の仕組みと、条件について見ていきたいと思います。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

【相続税】そもそも土地の評価って誰が決めてるの?ルールは?

相続税に関する土地の評価は、いったいどうやって決めているのでしょうか。
土地の評価となる固定資産税評価額は国が定めているのですが、ルールが曖昧だったり、土地の評価が分からないものも存在します。
国が定めているのに固定資産税評価額が曖昧な理由と、土地の評価が分からないものについて見ていきたいと思います。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

相続税に関する土地の問題!評価単位について

財産を相続するときにもっとも心配なのは、土地についての相続税ではないでしょうか。
土地についての相続税は素人では分かりにくいということから、実際にどれくらいの相続税がかかるのかを調べたい人が多いと思います。
土地についての相続税をもとめる場合は、国が定める評価額によって計算をすることができるのですが、土地を用途ごとに分けて計算をすることも可能です。
では、用途ごとに分けるやり方について見ていきましょう。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

土地を活用した相続税対策とは?

財産をたくさん持っている人は、何とか生前に相続税の対策が出来ないかと考えるのではないでしょうか。
そんなときは土地を活用して、財産を減らすのがおすすめですよ。
対策としては現金や預金額を不動産に変えたり、賃貸住宅などを建てたりして節税を行うのがおすすめですよ。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

土地にかかる相続税!家屋の場合の計算方法

相続税に関しては土地や建物だけでなく、家屋にも発生するって知っていましたか。
家屋に対する相続税の計算は、固定資産税評価額に一定の数字をかけて計算をしていくので、建物の相続税をもとめるのと方法は同じです。
そもそも家屋とはどんなものを表しているのでしょうか。
また、建築中の家屋についてはどのように評価されるかを見ていきたいと思います。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

建物に対する相続税の計算方法は?

財産を相続するとき、土地に立っている建物にも相続税が発生することをご存知ですか。
相続税で間違えやすいのは、土地だけに相続税がかかると思ってしまうところです。
土地に立っている建物にも相続税がかかるので、事前に建物だけでいくらくらいの相続税を支払わなければならないのかを計算しておいたほうがいいと思います。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

土地を持ってる!相続税の計算ってどうやってやるの?

自分が土地を持っている場合、子供や孫に相続したときいくらの相続税がかかるのか心配をしている人も多いと思います。
土地にかかる相続税は時価によって計算をすることが出来ます。
その時価の見かたと計算方法を分かりやすくご紹介していきたいと思います。

続きを読む


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26

土地にかかる相続税の計算の仕方!対策は?

資産家や土地を持っている人は、相続税について気になっている人も多いはずです。
相続税が高いと多くの財産を持っていても、家族に迷惑をかけてしまうと考えてしまいます。
まずは、自分が持っている土地にどのくらいの相続税がかかるのかを調べる必要があります。

▼ 目次

土地の計算はどうやってするの?

土地に対しての相続税を計算するときは、土地を購入したときの時価ではなく、現時点での時価で計算をしなければなりません。
ということは、その土地を購入したとき街が栄えておらず時価が安かったとしても、購入してから街が栄えていき時価が高くなっていけば、相続税の負担が増えてしまう可能性があります。
土地の計算をするときは固定資産税の納税通知書に土地の面先が載っているので、そこから計算をしましょう。
次に、路線価図を見て計算をすると、正しい相続税を割り出せると思います。

建物にかかる相続税の計算の仕方

建物に関しても固定資産税の通知書によって相続税を計算できます。
固定資産税の納税通知書を見てみると、大きく価格と書かれているところが固定資産税評価額となります。
この建物の価格に1.0をかけて計算をすると、相続税でいくらかかるのかを計算できますよ。

家屋についての相続税って?

そもそも家屋というのは人が住む建物と言われていて、地方税法上では住家や店舗、工場や倉庫なども建物を表しています。
家屋に関しても土地や建物と同じで、固定資産税評価額から計算をしていきます。
固定資産税評価額は固定資産税の納税通知書に書かれているので、相当税額=課税基準額×税率で税金を計算しましょう。
家屋を貸し出している場合は、固定資産税評価額から30%OFFしてもらえるので、こういった計算も含めて相続税の計算を行いましょう。

土地を活用した相続税の対策

土地を活用して相続税の対策をしたいという場合は、親の現金または親の名義で建物を建てるのがおすすめです。
親の現金または親の名義で土地に建物を建てれば財産を減らすことができ、現金や貯金を持っているよりも相続税を節税できます。
仮に、二世帯住宅で建物を建ててしまうと、子供が名義人となってしまうことが多いです。
これでは相続税の節税にはならないので注意しましょう。

評価単位とは?種類(地目)で判断できる?

そもそも土地を計算する単位は評価単位と言います。
土地の評価単位は簡単に言うと、土地の種類(地目)ごとに単位が決められています。
1,宅地
2,田
3,畑
4,山林
5,原野
6,牧場
7,池沼
8,鉱泉地
9,雑種地
などの種類に分かれています。
このため、1つの宅地が並んでいる場合は宅地、宅地と山林が並んでいる場合は2単位として評価されることになります。
評価単位は不動産登記事務取扱手続準則で判断することができ、登記簿から自分が持っている土地の評価単位を調べることが出来ますよ。

土地の評価はルール通りじゃない!?

土地に関して相続税を調べたいと考える人は多いですが、調べていくうちに土地の評価は税理士によって異なるという話を聞いたことがある人も多いと思います。
ルール通りに土地の評価をするのであれば税理士によって評価が異なるはずはありません。
しかし、実際には相続税における財産評価には明確な規定がありません。
土地の評価をするときは曖昧な言葉を使うことが多く、時価で計算すればいいとされています。
土地の時価は常に変化するので曖昧な言葉と言えば曖昧で、税理士によって評価が異なることもあるとされています。
自信がない税理士の場合は税務署寄りの評価をすることもあるので、こういった点から見ても信頼できる税理士に相談をして、土地の評価をしてもらった方がいいと思います。

小規模宅地等の特例って何?

土地には小規模宅地等の特例があることをご存知ですか。
小規模宅地等とは、空き地として土地を持っていた場合はそのままの金額で相続しなければなりませんが、自宅として使っていた土地は80%割引の金額で相続できるというものです。
小規模宅地等の特例が使えるのは、面積が330?までと決められています。
この面積は大体100坪程度を表した数字です。
100坪を超えてしまうと、この特例が全く使えないということはありませんが、100坪までは80%割引を適応してもらえ相続税の節税が出来ますよ。

共有名義の土地はトラブルが起こりやすい

財産を相続する際、財産が実家だけだった場合は兄弟で誰が相続をするかを考えなくてはなりません。
兄弟が小人数の場合は共有名義として財産を相続しようと考えることが多いですが、相続税の支払いが一括で出来ない場合は延納の手続きを行わなければなりません。
しかし、共有名義である土地は担保として提供をすることが難しくなってしまいます。
共有名義の土地を延納の手続きで担保として提供する場合は、兄弟の許可が必要になります。
また、共有名義の土地を売却するにしてもトラブルが起こりやすくなるので、財産として相続をする場合は共有名義にならないように話を進めましょう。

また、相続税についてはいろんな計算方法から、相続税がどのくらいかかるのかを計算できます。
相続税を計算した後、対策を行いたいということであれば、小規模宅地等や延納だけでなく、現金を不動産に変えて相続の評価を減少させるのもいいと思います。
時価の高い不動産であれば時価と路線価に大きな差があるので、価値を大幅に減少させられるのではないかと考えられます。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26