土地にかかる相続税!家屋の場合の計算方法

相続税に関しては土地や建物だけでなく、家屋にも発生するって知っていましたか。
家屋に対する相続税の計算は、固定資産税評価額に一定の数字をかけて計算をしていくので、建物の相続税をもとめるのと方法は同じです。
そもそも家屋とはどんなものを表しているのでしょうか。
また、建築中の家屋についてはどのように評価されるかを見ていきたいと思います。

・家屋についての相続税って?
そもそも家屋というのは人が住む建物と言われていて、地方税法上では住家や店舗、工場や倉庫などの建物を表しています。
家屋に関しても建物と同じで、固定資産税評価額から計算をしていく形となります。
固定資産税評価額は固定資産税の納税通知書に書かれていて、相当税額=課税基準額×税率で相続税を計算しましょう。
家屋を貸し出している場合は、固定資産税評価額から30%OFFにしてもらえるので、こういった計算も含めて相続税の計算を行いましょう。

・建築中の家屋や賃貸の場合はどうなるの?
仮に、建築中の家屋を相続してしまったときは、固定資産税評価額がまだ決まっていない状態です。
建築中の家屋は費用の現価となる70%で評価されると決まっています。
また、家屋を賃貸として他人に貸している場合は、借りている人にも権利があるので固定資産税評価額から借家権を引いた金額が評価額になります。
家屋に対する相続税を計算するときは、いろいろな利用状況により計算方法も異なるので、建築中なのか賃貸なのかによって計算をもとめる必要があります。

このように家屋に対しての相続税を調べる場合は、土地や建物の計算方法とは違って少しややこしいと思います。
建築中ではない、賃貸でもないという場合は建物と同じで固定資産税評価額から計算をしていくことになります。
倍率は1.0なので、固定資産税評価額に1.0をかけて相続税の計算をするようにしましょう。
家屋がいくつもあるという場合は、1つ1つの建物に分けて計算をしましょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26