土地の相続税を節税できる特例とは?

土地にかかる相続税って高いと思っていませんか。
しかし、土地に関する相続税の問題では、特例として小規模宅地等という制度で税金が安くなることもあります。
その制度の仕組みと、条件について見ていきたいと思います。

・小規模宅地等の特例って何?
土地には小規模宅地等という特例があり、この制度を利用すれば相続税を節税することが出来ますよ。
この制度が利用できるのは全員ではありません。
そもそも小規模宅地等とは、土地を80%割引の金額で相続できるというものです。
空き地として土地を持っていた場合はそのままの金額で相続しなければなりませんが、自宅として使っていた土地は80%割引で相続できます。
この小規模宅地等の特例が使えるのは、面積が330?までと決められています。
この面積は大体100坪程度を表した数字で、100坪を超えてしまうと特例が全く使えないということはありませんが、100坪までは80%割引を適応してもらえ相続税の節税が出来ますよ。

・特例が使える人の条件とは?
特例が使える条件としては配偶者または同居家族、亡くなった人と別居していても3年以上持ち家に住んでいない親族であれば特例を受けることが出来ます。
しかし、同居していなかった家族(持ち家を持っている人)については、この特例を認めてもらうことは出来ません。
今までの特例の条件としては、賃貸暮らしをしていた子供の場合は特例を受けることが出来たのですが、平成30年の4月からは親の名義の不動産に住んでいたり、家族で経営する会社名義の不動産に住んでいる人は対象外となるので注意しましょう。

このように小規模宅地等の条件を満たしていれば、親が住んでいた建物を80%割引で相続することが出来ます。
小規模宅地等を利用すれば相続税の節税も出来るので、条件を満たしている場合は大いに利用したほうがいいと思います。
100坪以上持っている場合は100坪までは割引が利くので、小規模宅地等の特例で安く相続できるようにしましょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26