土地を活用した相続税対策とは?

財産をたくさん持っている人は、何とか生前に相続税の対策が出来ないかと考えるのではないでしょうか。
そんなときは土地を活用して、財産を減らすのがおすすめですよ。
対策としては現金や預金額を不動産に変えたり、賃貸住宅などを建てたりして節税を行うのがおすすめですよ。

・現金や預金額を不動産に変える対策
現金や預金額がたくさんあるという場合は、土地を購入したり、建物を建てて不動産に変えることで相続税の対策が出来ます。
それらを相続するときは実際にかかった費用ではなく、固定資産税評価額で評価されます。
この固定資産税評価額は国が定めているもので、市町村によって評価が決まります。
土地に対しての評価額は70%、建物については50%〜70%程度となり、現金や預金額を相続するよりも相続税を節税できますよ。
土地を購入して建物を建てる場合のポイントは、二世帯住宅で建てないことです。
二世帯住宅として建物を建ててしまうと子供が名義人となってしまうことが多く、これでは相続税の節税にはならないので注意しましょう。

・土地を賃貸として活用する相続税の対策
土地を購入して建物を建てる場合は、建物を賃貸住宅として建てるのもおすすめですよ。
賃貸住宅であれば借家となり、借家権割合として30%を引いてもらえます。
相続税を節税したいのであれば、賃貸住宅として建物を建てて相続税を割り引いてもらうものいいと思います。
実際に相続税としてかかるのは固定資産税評価額の70%程度になるので、通常よりは相続税を節税できると考えられます。

このように土地を活用して相続税の対策を行う人は多いです。
自分の名義として建物を建てることで財産を上手く減らすことが出来ます。
もちろん土地や建物にも相続税がかかるのですが、現金や預金として子供に相続するよりも相続税を節税することが出来ます。
大体土地や建物に変えると半分くらいの評価額になるので、節税をしたい人は上手く土地や建物を活用しましょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync7/aroma-ichi.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26